経営者のためのなんでも相談

部下との人間関係に悩んでる経営者の方へ

経営者の相談相手
田井ヨシフミです。
相談相手な理由はこちら

会社を経営してると
部下との
人間関係の悩みってありますよね。

僕も色々悩んだし
合わなくて
辞めていったひとも
たくさんいます。

いまから思えば
自分の器の小ささが
原因だったなあと
反省しきり。

誤解を恐れずに言えば
人間関係って
相性が大きいと思う。

そもそも
相性が悪いのに
お互いに
努力したり我慢しても
うまく行かない。

社員がたくさんいるような
会社なら難しいかもしれないけど

小さな会社の場合
経営者が
自分と気が合うかどうか
を基準に
採用するのでいいんじゃないかな。

経営者は孤独なもの
とか
部下には嫌われるくらいがいい
なんていうのも
聞いたことあるけど

僕が部下なら
嫌いな人のために
頑張ろうとは思えない(笑)

僕の経験でも

会社を始めたばかりで
よくわからない頃は
ひとを採用する時
面接で
能力や経験よりも
気が合いそうとか
趣味が似てるとか
を基準に選んでました。

できて日の浅い小さな会社に
スキルの高い人材が来なかった
というのもあります。

人数が少なくて
気の合うメンバーでやってるときは
和気藹々と
楽しく仕事できてましたが

規模が大きくなって

それなりに経験のある人や
スキルのある人が
面接に来てくれるようになると

ついつい
こちらも
経験やスキルに目が向いて

即戦力として役に立ってくれそうな人
もっと言うと
すぐ利益を出してくれそうな人

採用するようになりました。

それに
経営者として
いつまでも
気の合うメンバーの
仲良しクラブではダメだ
という思いもありました。

その頃から

だんだん
仕事が楽しくなくなってきた。

ミーティングも
以前と比べて
殺伐としたムード。

メンバーのクオリティーは
ずいぶん上がってるはずなのに
業績も傾いてくるし。

なんでだろー
なんでだろー

と悩んで
マネイジメントのセミナーに行ったり
人間関係の本を読んだりしたけど
解決しませんでした。

いまなら

ずべての原因は
僕が楽しくなくったことにある
とわかりますが
その頃は悩みまくって
暗い顔をして
さらに
人間関係を悪化させてました。

えーー
僕の話は
これくらいにして

今回の話のポイントは

経営者は楽しくしてるのが一番

というところ。

僕の場合は
気の合うスタッフと
小さなチームで
楽しく仕事してるのが
「楽しい」ことでしたが

楽しさは
人によって違うので

規模が大きくして
いろんな人と仕事するのが
楽しい人もいれば

ひとりで何もかもやるのが
楽しい人もいるかもしれません。

これって
人間関係の話だけじゃなくて

経営者は

自分の機嫌を自分でとる

のが最大の仕事なのでは?
という話。

経営者が機嫌がいいと
スタッフや
取引先や
お客さんまで
いいエネルギーが循環して
会社の業績もアップするという
流れが生まれますからね。

人間関係の話が
いつのまにか
いかに
自分の機嫌をとるか
に変わっちゃいましたが

もし
あなたが
部下との関係で悩んでいるとしたら

自分が機嫌よくいるためには
どうしたらいいだろう?

視点で解決策を考えてみてくださいね。

みんなのハッピーのために。

いま現在、部下との人間関係に悩んでる。
という方の解決方法については
またの機会に書いてみたいと思います。

 

 

経営者のあなた、僕とLINEでお友達になりませんか?
個別の相談にものりますよ。
友だち追加

この記事が面白かったらシェアしてもらえるとハッピーです!

最近の記事

ちっちゃなSNSで交流しませんか?

PAGE TOP