ブランディングの事例

【事例紹介】ブランディング名刺の秘密2

シンプルブランデングの
タイヨシフミです。

先日の

ブランディング名刺事例紹介Vol.1の記事


なかなか好評(過去最高のアクセス数)
だったので第二弾を。

今回紹介するのは
印刷会社の営業の方の名刺。

会社の名刺ですが
個人的にデザインして作ってもいい
ということで依頼していただきました。

髙橋さんとは数年のおつきあいで
デザインの仕事のクライアントさんでもある。

ご自身の腰痛の悩みを
とあるインソールで改善させたことから
身体や姿勢のことを
めちゃくちゃ勉強されていて
インソールの代理店としても活動されてます。

僕はゴルフをしないのですが
髙橋さんと一緒にゴルフをした人に聞くと
かなりの腕前らしい。

そんな髙橋さんの
ブランディング名刺を作るにあたって
考えたのは

髙橋さんが得意な分野の話を
ビジネスに結びつけられたら
お客さんとのコミュニケーションが
スムーズに行くのでは?
ということ。

営業の会話の中で
身体や姿勢の話を盛り込めないか?

という発想から

ビジネスがうまく行かないのは
フォームの乱れが原因かも?

ということで

ビジネスリフォーム

というキーワードを思いつきました。

リフォームと言えば
住まい関連のことを思い浮かべますが

それもひっくるめて
???と
興味を持ってもらえたらとの考えです。

ビジネスも
フォームを改善することで
スムーズに動き出しますよ

その相談(コンサル)にのりますよ

という提案。

肩書きも
営業ではなく
コンサルタントとしました。

カラーは

どちらかというと
大人しい印象の髙橋さんのイメージから
あえて「赤」で。

見る人の印象もありますが
何より
本人が名刺交換の時に
テンションを上げてもらえたらと選びました。

逆に
裏面は「青」で落ち着いた感じに。

お客さんに
「この色はどういう意味があるんですか?」
と聞かれたら

「情熱と冷静の間を表現してます」

と煙に巻いてくださいと伝えました(笑)

というわけで

髙橋さんの名刺はこちら。

ご本人からいただいた感想はこちら。

まったく予想外のデザインが出てきたけど
妙にしっくりときたので
迷わずOKを出しました。

可能性を発掘してもらえた気分。

渡したいので人に会いたくなりました。

名刺交換するときの反応が変わりました。

かっこいいですね
と言われたり
名刺が欲しいと言われます。

名刺のおかげで
会話が盛り上がり
スムーズに商談に入れるようになりました。

すごく満足しています。

ブランディング名刺事例紹介の記事vol.1はこちら

ブランディング名刺に興味のある方は
お気軽にお問い合わせください。

この記事が面白かったらシェアしてもらえるとハッピーです!

最近の記事

ちっちゃなSNSで交流しませんか?

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。