コンセプトデザイン

コンセプトデザインのポイントはカフェで学んだ話

コンセプトデザイナーの田井祥文です。

その昔
お店を経営していた頃の話。

とある本で

ビジネスは
ひとを喜ばせること
誰かの役に立つこと

喜ばせた量
役に立った数

売上げや利益として還ってくる。

というのを読んで
なるほど!と感心した僕は

お店のコンセプトを

「ハッピーをお届けします!」

にしました。

お客様にハッピーをお届けするのが
僕たちの使命だ!という決意表明。

だから
必死で
喜んでもらおうとしてたし

スタッフにも
「なんとしてでもお客さんを喜ばせろ」
と檄を飛ばしてました(笑)

確かに
喜んでくださるお客様もいて
それなりに売上げも上がるんだけど

なんか疲れるし
楽しくない。

しまいには
お客さんから
「なんか大変そうですね」
とか
「必死さが伝わってきます」
とか
心配されたり
色んな理由でスタッフが離れていったり
する始末。

当然のように売上げも下降線。

もう
お店を閉めるしかないと
諦めかけたとき

どうせなら
自分たちが楽しいことやろう

開き直って思って
面白がってあれこれやってるうちに
だんだんお客さんが増えてきて
お店が活気づいて復活できました。

このときの経験が
コンセプトについてあれこれ考えるきっかけに。

「ハッピーをお届けします!」

というコンセプトは
悪くなかったと思うけど

ハッピーをお届けすれば売上げが上がる

ハッピーをお届けしないと売上げが上がらない

ハッピーをお届けしなければいけない

必死のパッチ

みたいな思考回路になったのが失敗の原因。

ハッピーをお届けするお店や人はどんなお店や人なの?

という視点が抜け落ちてました。

ハッピーをお届けするお店やスタッフが

必死でがんばってたり
余裕が感じられなかったり

するのは変ですよね。

ハッピーをお届けするためには

まず

お店やスタッフがハッピーである

という超当たり前のコトに気づいてなかったのです。

お店やスタッフがどうこうというより

お客さんを喜ばそう
と言いながら
売上げのことを心配して
スタッフがちゃんと
お客さんを喜ばそうとしてるか
必死で見張ってた
僕の問題。
ほんとに申し訳ありませんでした。

この経験をしてから

仕事でコンセプトをデザインするとき

まず

どうなることが
クライアントのハッピーにつながるか?

を一番に意識するようになりました。

クライアントのハッピーについて考えることは
結局
そのクライアントの先のユーザーのハッピーを
考えることでもあり
みんなのハッピーを考えることでもあります。

そのために大事なことは何か?

(勘のいい方ならお気づきでしょうが)

僕がハッピーでいることでーす(笑)

というわけで

お正月休みは二桁の映画観て
ユーチューブでお笑い見て
ごろ寝しながら好きな雑誌を読んでおります。

ではまた。

この記事が面白かったらシェアしてもらえるとハッピーです!

最近の記事

ちっちゃなSNSで交流しませんか?

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。