オモシロタノシズム

予定が組める有り難さについて

みなさん
スケジュール管理はどうされてますか?

手帳に書くとか
スマホで管理してるとか
秘書がいるとか

色々あると思います。

 

書きながら
今回は
スケジュール管理のやり方
についての話じゃなくて

スケジュールが組める
って幸せなことだなあ
って話
(紛らわしい始め方すんなよ!)

おかげさまで
それなりに忙しくさせていただいていて
数ヶ月先のアポイントや
出張の予定なんかが入ってます。
(数ヶ月先まで仕事が埋まってるってことじゃないので、遠慮なくお仕事お申しつけくださいませ)

でね

ふと思い出したのが

数年前のことなんです。

 

その頃
色々悩みまくってる時期で
会社経営も問題だらけでした。

死にたい
とかは考えなかったけど

死ぬかも
くらいは考えてた。

だから

予定が組めなかったんです。

翌月どころか
翌週の予定も組むのが怖かった。

約束しても守れないかもしれない
という恐怖があったから。

それから
紆余曲折あって
今日に至ってるわけですが
(はしょりすぎでぜんぜんわからんやん!)

改めて考えてみると

予定を組める
というのは

めちゃくちゃスゴイことですよね。

少なくとも
その予定の日までは

元気でいるし
何事もないのが当たり前

という前提だってことですから。

夜に寝る前に
明日の朝になれば目が覚める
という前提があるから
安心して眠りにつける
のと同じ。

逆に言うと

昔の僕は

目が覚めるかどうかわからない
恐怖と戦っていたから
おちおちと眠ることもできなかった

って感じですかね。


誰かに

「ありがたいというのは有るのが難しいと書くんですよ」

と言われたときは

はぁ?何いうてんねん?

って思ったけど
(どーもすんません)

何の心配もせずに予定が組める

というのは

本当に有難いことです。

というわけで

とりあえず30年先くらいまでの予定を組もうかと考えておる次第でございます。

今日もオモシロタノシズムで!

この記事が面白かったらシェアしてもらえるとハッピーです!

最近の記事

ちっちゃなSNSで交流しませんか?

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。