オモシロタノシズム

棄権しようと思ったハーフマラソンを完走できたアドバイスとは?

こんにちは。タイヨシフミです。

高槻シティハーフマラソンを走ってきました。

人生初のハーフマラソン。

なんとか完走することができました!

昨年
同じ大会の10kmを走ってから一年ぶりです。

年末から体調がイマイチで
ぜんぜん練習できてなくて

正直言って前日まで
棄権しようかと考えてました。

でも

ある方のアドバイスで
走ることにしたのですが
結果的に参加してよかったです。

このアドバイスは
かなり「使える」ので
ちょっとシェアしますね。

僕が
体調も悪いし練習不足やし
棄権しようかと考えてる

って言ったら

出場して途中で棄権したらいいやん
「途中で棄権する」という体験は
なかなかできないし
いい人生経験のひとつちゃうかな。
むしろ完走することなんか考えずに
必ず途中で棄権してきたら?

と言われました。

「完走したらあかんで」
とまで(笑)

まあ
そこまで言われたら
参加しないのもアレやなと
渋々参加して

スタートしてからも
「何kmくらいでリタイアしたらかっこつくかな」
「昨年10km走ってるから、それ超えたらいいかな」
みたいに
途中棄権することばかり考えてました(笑)

ところが
10km過ぎた辺りで

あれ?
この感じやったら最後まで走れそう。
と思えるようになり
15km過ぎたら
ぜんぜん完走できる
と確信が持てました。

何かをするとき

ちゃんとしないと
最後までやりとげないと
完璧にしないと

と思ってると
プレッシャーもあるし
力を発揮できないことがあるけど

ちゃんとしなくていい
最後までやりとげなくていい
不完全でいい

という気持ちだと

逆に
肩の力が抜けて
思わぬ結果が出たりします。

特に
僕のような真面目な人はそう(笑)

落ちるつもりで受験する
とか
スベるつもりでスピーチする
とかね

失敗もネタにすればいいしオイシイ!
と思たら無敵ですね。

お試しください。

僕は例年
京都マラソンのランナーを
沿道で応援しているのですが

今回自分が走ってみて感じたのは

沿道の方の応援の声や
太鼓や鐘の音って
すごいエネルギーをもらえるってこと。

特に小さな子供達の声援には
パワーをもらいました。

そして

大会運営を支える
ボランティアスタッフのみなさん

一緒に参加して走ったランナーのみなさん

ありがとうございました!

おかげさまで
カラダはぼろぼろになりましたが
楽しかったです。

オモシロタノシズム!

LINEでお友達になって交流しませんか?
↓↓↓
友だち追加

この記事が面白かったらシェアしてもらえるとハッピーです!

ちっちゃなSNSで交流しませんか?

最近の記事

LINEでお友達になりませんか?

友だち追加
  1. オモシロタノシズム

    お店を繁盛させる秘訣について
  2. オモシロタノシズム

    本当はやりたいってわかってるんですよね?
  3. オモシロタノシズム

    自分の好きなことだけやるとうまく行くって本当?
  4. オモシロタノシズム

    カフェを流行らせる方法?
  5. ブランディングの事例

    【事例紹介】ブランディング名刺の秘密
PAGE TOP