おもしろタノシズム

オモシロタノシスト誕生秘話?

 

ある雑誌のエッセーが面白かった。

著者の知り合いが小学生の頃
国語の授業で

「もしも○○なら○○」

という例文を作りなさいと言われて

もしもし、ならけんのひとですか?

と書いたら

先生が花マルをつけてくれて
それ以来
自由に発想できるようになった。

というエピソードから

ひとに何かを教えたり
伝えたりする立場になったとき
はみだすことを応援できる大人でありたい。

みたいな内容でした。

もしもし、ならけんのひとですか?

嫉妬するほどのセンスを感じる(笑)

 

○肉○食の○を埋めなさい
という
四文字熟語の問題に


と書いて怒られたタイヨシフミです。
正解は弱肉強食です。念のため。

上のエッセーを読んで

僕にも似た体験があることを思い出しました。

小学校に入る前に
知能テスト?のようなものを受けたとき

ひとの顔の左半分描いた絵を完成させなさい。

みたいな問題があって

普通はその絵と対象に右半分を描けばいいのに

何故か
左向きの横顔になるように描き足してしまい

あとで

トモダチの話から間違いに気づいた僕は

母に

「僕、小学校行けないかもしれない」

と泣きながら話をしたという体験(笑)

そのとき

母は

「それはよしふみの個性だから大丈夫」

みたいなこと言ってくれて
安心したのを思い出しました。

小学校の低学年くらいまでは
僕の着る服はほぼ母の手作り。

あるとき
ウランちゃん(わかるかなあ)の
顔を大きくデザインした
セーターを編んでくれて
学校に着ていったら
「女の子みたいな服や!」
とからかわれたことがあって
当時は嫌でたまらなかったけど

大人になって
デザインとか洋服に興味を持ったのは
母の影響かもしれません。

僕が本をたくさん読むようになったのも
母のおかげ。

登園拒否児童だった僕は
家で本ばかり読んでいたのですが

それを咎めるどころか
小学生のときから
本屋さんで好きな本や漫画を
つけ払いで買わせてくれました。

中学生になって
ロックを聴くようになったら
レコードもたくさん買ってくれたし

高校生のとき
母の行ってた美容室で
「パーマかけてみたら?」
と言われて
パーマかけて学校行ったら

開校以来おまえが男子で初めてパーマをかけた問題児や!

と怒られたときも
母は
ケラケラ笑ってました。

二十歳になって
「タバコでも吸ってみようかな」
と言ったときは

デパートのタバコ売り場で
たくさんの種類のタバコを買ってきてくれて
「タバコってたくさんあるんやねえ」
とプレゼントしてくれたなあ。

というわけで

僕が
クリエイティブ関連の仕事をしたり
オモシロタノシズムなんて言ってるのは

母の「育て方」が大きいなあ

と改めて思った次第。

はみだすことを応援されて大人になったというわけです。

今日もオモシロタノシズムで!

この記事が面白かったらシェアしてもらえるとハッピーです!

最近の記事

LINEでお友達になりませんか?

友だち追加
  1. おもしろタノシズム

    既読スルーが気にならなくなる簡単な方法
  2. ブランディングのヒント

    ブランディングは整理整頓から
  3. ブランディングのヒント

    役に立とうとしなくてもいい?
  4. おもしろタノシズム

    最近ますます仕事が楽しくなってる件
  5. おもしろタノシズム

    ひとの投稿をみてイラッとしたり落ち込んだりできなくなる考え方
PAGE TOP