オモシロタノシズム

街中のセルフカフェだけは嫌だ!

プロデューサー&オモシロタノシスト
田井ヨシフミです。
オモシロタノシストって何?と思った方へ

繁華街(家賃の高そうな場所)に行くと、よく、広めのスペースのセルフカフェってあるじゃないですか?

内装はお金がかかってなくてシンプルで、スタッフが少ないセルフタイプのカフェ。

コーヒーはあんまり美味しくなくて昔からあるタイプのマシーンドリップ式で、フードはコンビニのサンドイッチみたいなのが置いてある的な。スタバやタリーズよりもリーズナブルな。

僕が自分でカフェやってる頃には、「あれはカフェじゃなくて、不動産賃貸業。飲み物代で場所を貸してるお店。飲食店カテゴリーのカフェとは呼べない」と言って、否定的(好きじゃないと言う意味で)に思ってました(その割にちょくちょく利用してたけど)

「もし、ああいうタイプのカフェの方が儲かるよ、と言われても僕は絶対やりたくない(上から目線)」と言い切ってました。

その後、自分で経営するカフェの業績が悪くなり、結果的に飲食店をやめてからは、「飲食店経営は大変や。今度やるなら、街中のセルフカフェのようなビジネスモデルの方がいいかも」なんて、弱気というか節操のないことも言ってました。

でもね

最近、セルフエネルギー理論(注.1)をベースにした自分中心マーケテイング(仮称)についてあれこれ考えていると、やはり、僕は街中のセルフカフェみたいなのはやりたくない(まあ、セルフカフェ側も、お前にはやって欲しくないって言うだろうけどさ)

利用するのはいいんだけど(勝手やな!)、自分でやるなら、もっと特徴のある面白いカフェをやりたい。

自分の好きなモノやコトでいっぱいの店にしたい。

もちろん、これは、街中のセルフカフェがいいとか悪いという問題じゃなくて、僕自身のエネルギーの問題。

たまたま僕が、街中のセルフカフェではテンションが上がらないだけで、めちゃ上がる人もいるのだろうし(事実拡大してるし)それだけのこと。

それだけのことなんだけど、めちゃくちゃ重要なことだと思う。

何も、セルフカフェの方が簡単にお金が儲かるとか、お金儲けよりも大切にしたいことがあるなんて青臭いことを言ってるんじゃなくて(十分言ってるように聞こえるかもしれませんが)、僕が、そのテンションのままで、街中のセルフカフェをやってもうまくいかないでしょう。
セルフカフェの神様にも申し訳ないし。

100歩譲って(譲る必要があるのか不明だが)もし、僕が、いままで見たことがないような街中のセルフカフェを作ろうと思ったらテンション上がるかもしれないけど、それでも、たぶんやらない。

何が言いたいかっていうと

やはり

自分の気持ちに正直にいたいってこと。

こればかりは仕方ない。仕方ないって書くとネガティブ感があるけど、すごくポジティブな感じ。

仕方ないぜ!!!おらーな。

親とか学校で、勝手なことをしないとか、好き嫌いを言わないとか、我慢するのが偉いとか、教えられたり、社会に出てからも、こうするべきとか、いろんな知識を身につけて、いったい自分は何が好きなのか?嫌いなのか?やりたいのか?やりたくないのか?がわからなくなってる人が多いみたいだけど、そしてまた、僕もそのうちの一人なんだけど、自分を大切にするとか大層なことじゃなくても、カレーにするかラーメンにするかくらいは即答できる人間でありたいもの。

どっちが食べたいかよりも、どっちがカロリーが高いか?栄養バランスはどうか?グルテンは?添加物は?と考えてしまう僕のようなタイプは、まず、なんでカレーかラーメンしかないんですか?と聞ける勇気を持ちたいなと思います。

話がズレてる(ズラしてるだけじゃん)

免疫学でも、体温が上がると病気のリスクが減ると言われています。
(唐突な真面目モード)

ビジネスにおいてもテンションを上げることが成果につながると信じてがんばりましょう。

注.1 言ってみたかっただけ。

では今日もオモシロタノシズムで!

お友達のワインバーでテンション上がってる僕。あっ右です。

僕とLINEでお友達になりませんか?
個別の相談にものりますよ。
↓↓↓
友だち追加

  • follow us in feedly

最近の記事

ちっちゃなSNSで交流しませんか?

PAGE TOP