飲食店ってパクリ放題じゃないですか!?

こんにちは!
ブランディングプロデューサー
田井ヨシフミです。

飲食店ってパクリ放題じゃないですか!?って、食い逃げし放題って意味じゃなくて(わざわざ書かなくてもわかってるって!)いくらでも真似ができるってこと。

流行ってるお店があれば行ってみて、内装からメニューから接客からなんでもパクれる。

味は無理って思うかもしれないけど、ある程度料理のできるひとなら、似たような味にすることはできます。

もし僕がうどん屋さんをやってて、お客さんが少なくて困ってたら、流行ってるうどん屋さんを探して、何度か通って色々パクらせて参考にさせてもらう。

また、うどん屋さん以外でも、流行ってる飲食店を見に行って色々パクらせて参考にさせてもらいます。

ひとのやってることをパクるなんてしたくない。自分は自分のいいと思うものを作って出すからそれでいい。と言われる方もおられるかもしれませんし、それはそれで立派な考え方だと思います。

でもね

それでお店がうまく回ってるなら何も言うことはありませんが、そうでもないなら、いろんな店を研究しに行くくらいの努力はして当たり前。元々飲食店が好きでお店を始めたなら、むしろ楽しいことのはず。

心配しなくても、どれだけパクろうが、やってる人が違うし、諸条件が全く同じなんてことないから、勝手にオリジナリティは出ますから。

僕はパクるって言ってるのは、なにもそっくりそのまま真似をするということではなくて(真似してもいいけど)、「なぜこの店は流行ってるんだろう?」とウケてるポイント(魅力)を見つけてそれを自分の店流にアレンジするということ。頭も使うし、感性も必要。スペック的な部分より、雰囲気がポイントだったりもします。

お店の集客で悩んだら、すぐにチラシやクーポンを撒こうとか、キャンペーンをやろうとか、広告宣伝をしようとか考える人もいますが、自分の店の魅力を高める努力をする方が先。そうしないと、広告屋さんやフリーペーパー屋さんやネットサービス屋さんのカモにされるだけですよ。

僕が昔カフェや居酒屋をやってた頃は、どこかのお店で面白い体験をしたり、これやったら面白いというものを見つけたら、スタッフに写メを送って相談して、すぐに実行する、みたいなこともよくしてました(スタッフには良い迷惑だったかもしれないけど)

いまは自分のお店はありませんが、飲食店プロデュースのクライアントさんや、未来の仕事のために、いろんなお店に行ってます。って書いてるけど、ただ飲んだり食べたりが好きなだけ(笑)

この話を飲食店の話だから関係ないと思わずに、パクって参考にしていただけたら嬉しいです。

メルマガを発行しています。
ブランディングのヒントについて書いてます。
メルマガの登録は↓をクリックしてください!