アイデア発想法

今年は

僕は年初に抱負とか目標とかやりたいことリストとかみたいなことは考えない(考えてもどうせ1月いっぱいも憶えてないし)んだけど、昨年の元旦になんとなく「今年は海外に5回行こうと」考えたことがなぜか本当になった(12月に台湾と韓国に行くというミラクル滑り込みセーフ)ことに味をしめて、今年も何かぼんやりとした目標でも考えてみようかと思い、それを忘れないためにブログに書いてみようというのがこの記事の主旨であることをあらかじめご了承の上、先をお読みいただけると僥倖であります。

慣れというのは恐ろしいもので、旅行は海外も含め10回くらいは行く予感がしてるし、今年は、わざわざ「目標」にはしなくてもいいかな。

となると何がいいだろう。

具体的な「物」で欲しいものはないので、旅行と同じような「体験」がいいな。

と、いま考えてる風に書いてるけど、実は昨年末からぼんやりと考えてることがあるのである(もったいぶる必要ある?)

それが何かというと、少し書くのが恥ずかしいんだけど(誰かに書かされてるわけでもないのに)、講座のようなものをやること。

実は昨年の秋ぐらいに、突然、講座をやってみたいと思い立ち、ある方に相談していたのですが、年末に講座のアウトラインが決まり、今年の2月に開催することになってる。

なので、正確には講座のようなものをやることはすでに目標とは言えないのですが、どうせなら10回くらいやってみようかなというのが、ぼんやりとした目標というわけ。

何の講座かって?

2月に開催する講座は「視点移動思考入門」という、なんのこっちゃなタイトルになっております。

僕が企画のアイデアを考える時の「アイデア発想法」についてお話しした後で、参加者の方の具体的な悩みをその場で解決するという、ワークショプに近い形の講座になる予定。

なにせ初めてのことなので、やってみないとわからないのですが、どうせなら回数をこなすことで、僕自身の考え方を整理したり、発想法をブラッシュアップできたらいいなという虫のいいことも考えつつの「目標」です。

夢や目標はできるだけ具体的にしろ。達成したい日付も入れろ。そうすることで叶いやすくなる。

なんて書いてる本もありますが、僕はぼんやりしてるくらいでいいと思う派(そんな派があるのか?)

昨年の海外だって、具体的な国名や都市名なんか考えてなくて、ただ、海外に5回行こうと考えたら実際5回行ったというだけ(そのうち韓国が3回だけど)

なので、今年は「講座のようなものを10回以上やる」にしておきます。

講座と言ってるけど、人前でカラオケとか、漫才とか、演劇とか、おわび会見とかになるかもしれませんけどね(笑)

そういう意味では、夢や目標って、大枠だけ決める方が、何が起こるかわからなくて楽しいと思う。

起こらなかったとしても、残念度合いも低いし(すでにリスクマネジメントしてる姑息さよ)

というわけで、今年もおもしろタノシズムでゆるく生きて行くことにします。

本年もよろしくお願いします。

  • follow us in feedly

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP