変化できない人はヤバイかも

変化できない人はヤバいです。

仕事がなくなってしまうかもしれないから。

AIが発達するとなくなる仕事はこれ。みたいな話って本になってたりネットの記事でも時々見かけます。

今回のコロナ禍で、AIの台頭を待つまでもなく、なくなってしまう、あるいは縮小するような仕事がでてくるかもしれません。

いまに始まった話じゃありません

僕がデザインの仕事を始めた頃は、まだコンピューターは一般的ではなくて、文字は写植屋さんに発注してから版下というものを作ってました。

また印刷する時は、その前に製版という工程があって、製版会社というのがありました。

コンピュータでデザインするようになると、その写植とか製版というプロセスがなくなり、仕事をお願いしていた写植屋さんや製版会社はなくなってしまったのです。

変化して生き残ったところもあります

廃業したり倒産した会社もありましたが、時代の流れを読んで、写植屋さんがDTPや出力サービス(後にこの仕事もなくなった)を始めたり、製版会社が印刷を始めたりして生き残ったところもあります。

余談ですが、製版会社からネット印刷会社になって大きくなったところも何社かあります。

別の業種では、すっかり不況業種となった着物業界でいちはやくインクジェットプリンターを取り入れて業績を伸ばした会社もあります。

京都の何百年も続くような老舗でも、創業時から時代の変化に合わせて何度も業種を変えてるところはたくさんあります。

みんな変化することで時代を乗り越えてきてるのです。

変化できない人はヤバいですよ。

参考になるかもしれない記事。

会社から独立起業するとか副業を始める人が最初に考えるべきこと