自分が輝けるステージの見つけ方

明けましておめでとうございます。

2022年もどうぞよろしくお願いします。

今年1回目のテーマは自分が輝けるステージの見つけ方。

みなさんが「才能」を活かして自分らしく成幸するための相談にのってると、自分がどんな仕事に向いてるかわからないと言われる方がおられます。

何度も書いてるように、自分の「才能」を活かすためには「仕事」や「職業」から入ると失敗することが多いのでおすすめしません。

では、仕事を選ぶとか、ビジネスの戦略を考えるとき、何を考えればいいのか?

僕なりの指標のようなものがいくつかあるのですが、今回紹介するのはビジネス成長曲線上のどのステージで仕事するかが大事という話。

ビジネス成長曲線ってありますよね。

↓こんなやつ

ネット上からお借りしました。

実際のビジネスはこんなに単純ではありませんが、今回の話をするにはこの方がわかりやすいのでこのまま続けます。

具体的な職業や仕事を考える前に、自分の「才能」がこの曲線上のどこで一番価値を発揮できて魅力を感じてもらえるのかを考えることがめちゃくちゃ大事なんですよね。

それによって仕事にやりがいを感じられたり楽しく働けたりするだけでなく(結果として)売上や収入が変わってきますから。

ちなみに、僕の「才能」が一番輝くのは、導入期の一番最初の部分。または衰退期の最後の直前辺り。

成長期や成熟期のステージでは才能は活かせません。

だからコンサルやプロデュースの仕事は起業や新規事業案件、店舗プロデュースが中心

ただ、パンフレットやホームページをデザインするという「得意」や「強み」はステージに関係なく活かすことができます。

このことに気づいてないときは、成熟期の会社にぶっ飛んだ企画を提案して怒られたり苦笑されたりしてました(笑)

例えば、同じコンサルタントの方でも成熟期で輝けるタイプと衰退期の初期に輝けるタイプの方がおられるし、成長期にめちゃくちゃ輝けるタイプにも、営業に向く人と総務や人事に向く人もおられる。

就職・転職活動をするとき、成長産業や人気企業を志望する人が多いけど、「才能」によっては、衰退期の業界や会社に入ることで業績回復させてスピード出世したり、高収入を得ることができたりする可能性だってあります。

だから、何より大事なのが自分の「才能」を知ることであり、輝けるステージを見つけることなんですね。

そこがわかれば、自分の「得意」や「好き」も考えつつ、業界や業種や企業や職種を選べばいいだけ。

仮に、そうやって見つけた会社が希望するような条件でなかったとしても、「才能」が発揮されて思い通りに仕事できるようになったり、独立の役に立ったりします(これは僕が身を持って経験したこと)。

昨年からSNSで呼びかけて手を上げていただいた方たちと一緒に自分の「才能」に気づくための取り組みをしているのですが、これがとても面白いし楽しい。

すでにご自分の「才能」に気づいて一歩踏み出しかけてる方もおられます。

いまのところ新メンバーを募集する予定はありませんが、もう少し内容が固まったら新規募集しようと考えてるので、「自分の才能発見」に興味あるよという方は(LINEでご案内する予定なので)登録しておいてくださいね。

友だち追加
ID:@993wrzfm

このブログが面白いと思った方は、迷うことなくSNSで拡散したり友だちにLINEしたり、URLをメールやメッセンジャーにコピペして送ったりしてくださるとうれしいです。
↓にSNSで拡散するためのボタンやURLをコピーするボタンがあるので簡単にシェアしていただけます。

面白いと思ったらシェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる