あなたにとってビジネスとはなんですか?

いま、これを読まれてるあなたは、なにかしらビジネスに関わっておられる方だと思います。

ビジネスや商売ってなんだと思いますか?

何かを提供して対価をもらうこと。

誰かの問題や悩みを解決すること。

生活するために必要なこと。

色々な考えがあると思います。

昔、ある本に「商売は我を捨てる修行」と書いてるのを読んだことがあります。

それを読んだ当時は、自分が売りたいものを売るんじゃなくて、お客さんが欲しいものを売るのが商売だというような意味だと解釈してました(過去形)。

そこだけを考えると

自分が好きなものを売るんじゃなくて、お客さんが好きなものを売る

とか

自分がやりたいことをするんじゃなくて、お客さんがやりたいことをしてもらうようなな印象で

「自分を主張せずに、お客さんの要望を聞く」

のが商売なのかなと思えて、なんだか窮屈だなと感じたのを憶えています。

どこかのラーメン屋さんの大将が、俺の作るラーメンは世界一だ!と言っても、お客さんにウケなければお店は潰れるし、いろんな企業でも、何がウケる(売れる)か?を調べたり考えたりするマーケティングを行うのは普通のこと。

その流れで書くと、商品やサービスを作るとき、世の中に求められてるものを調べて作るのがマーケットイン、こんなの欲しがってる人がいるんじゃないかと考えて作るのがプロダクトアウト、という考え方がありますが、僕は断然プロダクトアウトがいいと思ってました(また過去形)。

プロダクトアウトの例で言うとアップルなんかまさにそうですね。

マーケティングリサーチの中からはiPhoneは生まれないと思う。

みんな、ジョブズのプレゼンでiPhoneを見たときに初めて「こういうの欲しかった」と気づいたんじゃないかな。

逆の事例で書くと、昔(過去形)、飲食店に行ったときにテーブルにアンケート用紙があって「どんなメニューが食べたいですか?」的なことが書いてあると、「そんなことお客さんに聞かずに自分で考えたらいいやん!」「もっと頭使って考えたらいいやん!」とイラっとしてたこともありました(またもや過去形)。

すでにお気づきの方もおられるかもしれませんが、何度か、わざわざ(過去形)と書いてるように、現在は、そう思ったり考えたりしていませんというのが、今回のお話し(周りくどっ)。

僕が、よく言ってる視点移動思考で考えてみると、「商売は我を捨てる修行」というのは、自分のことよりも他人(お客さん)のことを優先するというような意味じゃなくて、小さなことに拘らずに、もっと大局的に考えるようにしようという話ではないかなと思います。

つまり

「我を捨てる修行」と言うのは「自分(我)の殻を破る修行」

とも言えます。

でもって、視点移動思考でさらに抽象度を上げて、「商売は我を捨てる修行」を翻訳すると

「商売は誰かを幸せにすること」

となります。

ちょっと無理矢理感も否めないけど、なんか綺麗にまとまりました!

ビジネスとは誰かを幸せにすること

そして誰かの中にはもちろん自分も含まれること。

有名な、近江商人の「三方よし」という考え方に通じるものがありますね。

そういえば近江商人の商売訓のなかに

「無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ」というのもありました。

素晴らしいぜ!近江商人。

と、またまた、いつものように脱線気味ですが

何が伝えたいかと言うと

自分の売りたいものとお客さんが求めてるもののどちらを優先するべきか?
とか
マーケットインかプロダクトアウトのどちらの考え方で行くべきか?
とか
マーケティングで短期的に考えるか?ブランディングで長期的に考えるか?
みたいに

線引きして考えるんじゃなくて、もっと抽象度を上げて考えてみるといいですよということ。

そういう視点に立ってみると、自分が大好きなものや自分が欲しいものを作ったり売ったりするのもぜんぜんありですし、お客さんに何が欲しいか聞いてみるのもぜんぜんあり。

要は、ハッピーな人が増えればいいんですから。

商売の話に限らず、「どうすればいいんだろう?」「どちらを選べきかな?」と悩んでる時って、視点が下がって「我」が強くなってる。

もっと言うと自分の損得ベースになってます。

だから視点移動思考で頭をぐるぐるさせて抽象度を上げることが大事ですよというお話でした。

視点移動思考については興味を持たれた方はこの記事は必読っす。
↓↓↓

あわせて読みたい
会社から独立起業する人が最初に考えるべきこと オモタノビジネスラボは経営者の方向けに書いているのですが今回は独立起業する方向けの記事です。 「そんな当たり前のこといまさら言わなくても」と思われる経営者の方...

視点移動思考とか、オモシロタノシズムとか、本質的な才能なんてことに興味を持たれたらぜひLINE登録してくださいね。
↓↓↓

友だち追加

このブログが面白いと思った方は、迷うことなくSNSで拡散したり友だちにLINEしたり、URLをメールやメッセンジャーにコピペして送ったりしてくださるとうれしいです。
↓にSNSで拡散するためのボタンやURLをコピーするボタンがあるので簡単にシェアしていただけます。

面白いと思ったらシェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる