オモシロタノシズムについて

オモシロタノシズム | なんでもプロデュース相談室へようこそ!

なんでもプロデューサー オモシロタノシスト
田井ヨシフミです。

オモシロタノシズムって何?
ビジネスや経営と関係あるの?
なんでもプロデューサー?

なんかふざけてんの?

と思われる方もいらっしゃると思います。

ということで、まずオモシロタノシズムについてお話しさせていただきますので、少々おつきあいください。。

その昔、企画デザイン会社のかたわら、小さなカフェを始めたとこのこと。
事務所の横のスペースが空いていたので、カフェでもやれば、コーヒー飲んだり休憩できるし、ついでに家賃くらい稼げたらいいよね。と軽い気持ちでオープンしたのですが、ぜんぜんお客さんが来なくて、人件費や食材の仕入れで赤字が続きました。

知り合いの経営コンサルタントから、「中途半端に異業種に手を出してうまく行った試しはない。やめる方がいい」とか言われて凹んでしまい、半年もしないうちに「閉めようかな」と弱気になりました。

そんなある日、どうせ閉めるなら好きなことやろうと開き直って、あれこれやり始めたら、いつの間にかお客さんが増えて軌道にのったという体験をしたんです。

そのとき、「やりたいことやってみよう」と考えて実行したことをメモ代わりに書いてみます。(いまではどこでもやってるようなこともありますが、20年前には珍しかったんじゃないかな)

・メニューは40Pの海外の雑誌風デザイン
・お客様の写真を撮影してポスターにして掲示
・店内にあったソファーを外に向けて設置。
・外のプランターで育てたハーブを料理に使用。
・スタッフのメニューコンテストを行いメニューに反映。
・店内のBGMはアナログレコード。
・BGMが途切れた時には小さな音で環境音楽が流れる仕組み。
・トイレのBGMはCDで月替わりの映画音楽
・Tシャツ・ポスター・コースターを統一デザイン。
・Tシャツや食器を作ってオリジナル雑貨として販売。
・世の中に広まり始めたホームページを作って毎日更新。
・同じくメルマガも配信。
・スタンプカードの情報からバースデーはがきを送付。
・料理とデザートの一部を毎月更新。
・犬を連れたお客様にはミルクサービス。
・売上げより客数が多いことを喜びあう仕組み。
 e.t.c

まだまだやってましたが忘れてるモノもあります。

こういうことをやってるうちにお客様が増えて売上げが上がり、お店を続けることが出来ました。
(お客様が増えすぎて別の問題が起きたのですが)

ここでお伝えしたいのは、上に書いたような「方法」や「仕組み」を実行すればお客さんが増えるということではなくて、上に書いたどれもが

自分が行きたいカフェはどんな店?
どんなことしたら面白いか?ウケるか?

を考えてやったことばかり。

僕自身がすごく楽しんでました

毎朝目が覚めると「今日はどんな面白いこと仕掛けようかな」とワクワクしてたことを思い出します。

誰かの幸せを思ってる時って、自分も幸せな気分になってるってことですよね。

逆に言うと自分が幸せでないとひとを幸せにすることは難しい。

僕も、お客さんが少ないことを諦めて、いたずらをする子供のような気持ちであれこれやってたらいつの間にかうまく行ってたって感じです。

ひとは、楽しいところや楽しんでる人のところに集まってきますから。

このときの経験から、まずは何事も面白がってみる、楽しくなる工夫をすることがビジネスがうまくいく秘訣じゃないか?と考えるようになり、それをオモシロタノシズム(面白楽しい主義)と名付けました。

で、オモシロタノシズムと言ってる僕はオモシロタノシストというわけです(笑)

その後、本業の企画やデザインの仕事でも、オモシロタノシズムの考え方でクライアントの問題解決をするようになり、今日に至ります。

もちろん、全ての仕事が面白かったり楽しいことばかりではありませんが、どうすればもっと面白くなるか?どうすればもっと楽しくやれるか?を意識しながら仕事する方が、パフォーマンスが上がったり、よりよい結果に繋がることが多いと実感しています。

あなたのもビジネスにオモシロタノシズムを取り入れてみませんか?

プロデュース(何かを売り出す)のことならなんでもご相談ください。

人や会社や店舗や商品やイベントから、名刺やホームページまで、いろんなことプロデュースします。

【なぜ、なんでもプロデュースできるのか?】

数多くの失敗も含めた「実践経験」が豊富なことが理由です。

自分自身が飲食店・企画会社・インテリア会社・印刷会社でのサラリーマン経験を経て、企画デザイン会社を設立してから20年以上、様々なモノやコトをプロデュースしてきました。

いわゆるヒト・モノ・カネの悩みもひととおり経験してきました。会社の設立も清算も経験しています。

企画デザインの仕事では様々な業種のクライアントのデザインやプロデュースの仕事をしてきました。

だから、特定の業界の慣習や常識にとらわれない斬新なアイデアを考えることができます。
ロゴマークや印刷物・ホームページの制作も行ってきたので、アイデアを具体的なツールの形に落とし込むまでサポートできます。

企画デザイン業とは別にカフェ・居酒屋・雑貨屋・エステサロン等をプロデュース・経営してきました。

だから、机上の空論ではなく、20年以上に渡り、実際の現場でメニュー開発や販促を行ったり、スタッフの採用・育成やマネイジメントで試行錯誤してきた経験を活かして、店舗運営上の様々な問題にも対応します。
またメニューや商品の開発や店舗プロデュースもお手伝いできます。

読書・映画・音楽・飲食店めぐり・国内外の出張や旅行をはじめとした様々な情報データベースと、会社経営で悩んだ時期に読んだ大量のビジネス書や心理学の知識をミックスしたアイデアのアウトプットが得意。

クライアントの性格やタイプも考慮した「本質的なコンセプト発掘」や「その手があったか!というアイデア」で、経営者を笑顔にするプロデュースを行なっています。

無料相談はこちらからお気軽にどうぞ

おすすめ記事

PAGE TOP