望む未来を手にいれる方法?

オモシロタノシストのタイヨシフミです。

このブログは「へー、そんな考え方があるんだ」と知ってもらうことで、ちょっぴり人生が楽しくなってもらえたら嬉しいなという思いで書いてます。

オモシロタノシズムでは未来ドリブンという考えを採用しています、というか勝手に言いふらしてます。

未来ドリブンについては先にこちらをお読みください。

この記事に書いたように、未来を起点にするという意味では、バックキャスティング的な考え方に近いかもしれません。

バックキャスティングとは、目標とする「未来の姿」を描き、そこから「いま何をすべきなのか」を考える思考法のこと。

でも、実は似て異なるものなので、今回はもう少し詳しく書いてみます。

たまたま目にしたyoutubeで、韓国のスイーツショップの成功事例をやってました。

立地のよくない場所にある小さなお店のオーナーさんが、ぜんぜんお客さんが来ないことにもメゲずにいろいろやってるうちに繁盛店になったという話。

印象的だったのは、閑古鳥が鳴いてるときから、「必ず繁盛店になる」「多店舗展開する」と信じていたというオーナーさんのセリフ。

だから、立地や世の中のせいなどにせずに、できることを色々やってるうちに(あるヒット商品が生まれて)本当に繁盛店になったとのこと。

もう一つのポイントは「明るい未来が見えていたから、お客さんが来ない時もワクワクしながらスイーツを作ってた」というところ。

未来ドリブンって、まさにこれなんです。

具体的な目標や計画はなくても(もちろんあってもいいですよ)、明るい未来が信じられてたら、未来から逆算したいまやるべきこと(方法論)とかなくても、浮かんできたことをワクワクしながらやってるだけで勝手に道が開けてくるということ。

なので、まずワクワクする未来について妄想することが先だし、大事になります。

よく、成功するまで頑張れば誰でもうまくいく、諦めなければ夢は叶うみたいなことが言われますが、頑張るとか諦めないってなんか楽しい感じがしないんですよね。苦行って感じ(笑)

それより、他の人から見たら頑張ってるようでも、本人はただ夢中になってるだけ、というのが理想だと思うのです。

それにはワクワクする未来の設定が欠かせないというわけ。

たまに、ワクワクする未来の設定方法を教えてほしいと言われることがありますが、ワクワクする未来というのは、人によって違うので、設定方法や正解はありません。

何かを手に入れることかもしれないし、環境を変えることかもしれないし、具体的かもしれないし、抽象的かもしれない。

ちなみに、「ワクワクする未来の設定方法を教えてほしい」という思考でいる限りワクワクする未来は見つからないと思いますよ。

誤解を恐れずに言えば

未来ドリブンは(バックキャスティングや逆算思考のように、設定した未来に向かうための計画を立てたり、いま何をすべきなのかを考える必要はなく)ワクワクする未来の設定さえできれば、下手な計画なんて立てずに起きてくることを面白がったり楽しむだけでいいということ。

ワクワクする未来を信じる、と簡単にいうけど、実際にはいろんな困難や問題が起きてくるから難しいのでは?

と思ったあなた、正解です。

明るい未来を信じられる人は、心から自分を信じられてるということなので、オモシロタノシズムを信仰することが役に立つわけですね。

というわけで、望む未来を手にいれたい方は、このブログを読み続けてください。

ではまた。

無料メルマガはこちら!

読むだけで仕事や人生が楽しくなると噂のメルマガ「オモマガ」は下のバナーをクリックするだけで簡単に登録できちゃいます。
↓↓↓

友だち追加

このブログを読んで面白かった、ちょっぴりタメになったと思われた方は、TwitterやFacebookでシェアしたり、役に立ちそうなお友達にLINEしたりしてくださいね。
そのためにシェアボタンやURLのコピーボタンが下にあります。

面白いと思ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次